※この記事は「たびこふれ」に投稿したものをこちらにも投稿しています。
記事全文は「たびこふれ」で御覧ください。


ソウルの南大門市場は観光の中心地ですが、歴史的にも重要な場所でもあります。
朝鮮時代、首都ソウルは『漢陽都城(ハニャントソン)』と呼ばれ、城壁でぐるりと取り囲まれていました。
城郭には四大門と四小門があったそうです。中でも一番大きいのが南大門(崇礼門/スンネムン)です

<TIP:四大門と四小門の名称>
北大門(粛靖門/スクチョンムン)
東大門(興仁之門/フンインジムン)
南大門(崇礼門/スンネムン)
西大門(敦義門/トヌィムン)
北小門(彰義門/チャンウィムン)
東小門(恵化門/ヘファムン)
南小門(光熙門/クァンヒムン)
西小門(昭義門/ソウィムン)
国宝第1号・南大門(崇礼門/スンネムン)

南大門(崇礼門/スンネムン)は、朝鮮時代初期1396年に建造され、戦争などで幾度も被害を受けながら復元工事を繰り返し、1952年国宝第1号に指定されました。

しかしながら、2008年2月10日、放火による火災で焼失してしまいます。

当時の夕方、私はニュースで火災の一報を聞き、消し止められるとたかをくくっていましたが、朝のバス通勤時に通りすがりに見た南大門(崇礼門/スンネムン)が、真っ黒になっているではありませんか!今見た光景がとても信じられませんでした。その後、ニュースで詳しく経緯を見聞きしながら、本気で泣いたのを覚えています。
その後、5年の歳月をかけて復元工事を行い、ようやく2013年に一般公開されたのです。
そんな苦難の歴史を持つ南大門(崇礼門/スンネムン)から、城郭をたどるコースを散歩してみましょう~!

最近、南大門(崇礼門/スンネムン)は周りに歩道ができて、ぐるりと鑑賞できるようになりました。

その南大門(崇礼門/スンネムン)から出発して、ヒルトンホテル方面に進みます。道路が交差しているところが、2017年5月に整備された『ソウルロ7017』です。南大門市場からソウル駅の裏側まで続きます。

ここから、いよいよ城郭が現れます。この城郭の内側が『漢陽都城(ハニャントソン)』内ということになります。

城郭に沿って歩くと右にヒルトンホテル、セブンラックカジノなどが見え、南山公園に向かう横断歩道を渡ります。…と、なにやら道に赤い絵が見えますが、これは城郭のあった場所を記しているそうです。その赤い城郭を見ながら渡りましょう。

南山公園入口の階段を上がります。なかなかの登り道なのでゆっくり歩きましょう。そして、登った先は、ドラマのロケ地で有名な場所です。

高台から見える景色は、今ではビルが立ち並んでいますが、当時はすべてを見通せるほどの高さだったでしょうね。過去をイメージしながら歩くのもまた楽しみの一つです。

続きは「たびこふれ」で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です