韓国情報誌『マンナム』vol.5の特集は「キムチ(沈菜/チムチェ)」。
その中で紹介している「この味がわかれば真の韓国通!」で掲載のキムチチゲ専門店をYouTubeにアップしました。
こちらは『明洞キムチチゲ』。
昔ながらのお袋の味キムチチゲです。ご飯は石釜で炊いた香ばしい味。
水を足して蓋をして「ヌルンジ(おこげご飯)」を最後に食べる。
これが韓国人にはたまらないらしいのです。

チゲを煮込むグツグツする音が美味しそうなので、お店の騒音なども含めて、あえて音はそのままにしました。
こちらは明洞のお隣の地域、忠武路にある『オモリチゲ』。
3年熟成させたキムチで作ったシャキシャキ感のあるキムチチゲは絶妙の味です!
本店は蚕室(チャムシル)で、人気のために忠武路にも進出したそうです。
非常にシンプルなキムチチゲです。

キムチもチゲも、韓国人には各々好みがあります。
日本の皆さんも自分好みのお気に入りキムチやチゲを探して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。