にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 デザインブログへ

© てくてくソウル All rights reserved.

韓国の国花「ムグンファ(むくげ)」

夏は「ムグンファ(むくげ)」の季節で現在、開花真っ盛りです。
ご存じの方も多いと思いますが、ムグンファ(むくげ)は韓国の国花です。
ムグンファ(むくげ)は、風が吹いても嵐が来ても花弁を落とさず、しぶとく咲き続ける花で、そのスタイルが韓国人に似ていると言われています。
また日本の国花、桜の潔い散り様と比較して、日本人と韓国人の性格の違いを表す表現としてもよく用いられます。

日本人の桜へ対する愛情は、自他共に認めるところだと思います。
日帝時代でさえ日本人は、韓国に執拗に桜を植えました。
また、春の恒例事業「お花見」のために、新人の初仕事は場所取り、などという行為さえ会社が率先してするほどの盛り上がりをみせますが、韓国人は「花見て一杯」とムグンファ(むくげ)をつまみにすることはありません。
韓国人は、ムグンファ(むくげ)をそれほど愛でているように感じられないのが正直なところです。
数人の韓国人に、何故ムグンファ(むくげ)が国花なのか聞いてみましたが、答えられる韓国人はいませんでした。
韓国の国花だとかろうじて感じられるのは、特急列車や通信衛星のネーミング「ムグンファ号」くらいでしょうか。

その昔、ムグンファ(むくげ)は、どこにでも咲いている花だったそうです。
私の主人も子供の頃は、どこにでもムグンファ(むくげ)があって、さほど気にも留めなかったのだと言います。
しかし高度成長の折りに都市整備がされる中、外国の花や管理の楽な花などが数多く植えられ、少しずつムグンファ(むくげ)は姿を消していきます。
今では、国花というのに見つけるのが難しいほど、その姿を見かけることがないのです。
写真は、南山公園に咲くムグンファ(むくげ)です。
都市整備の過渡期に取り残されたのでしょうか。
その姿は、過去に咲き誇ったしぶとい花とは思えぬほどひっそりと咲き、何かもの悲しさを感じるのは私だけでしょうか。

関連記事

  1. またまたコメントです。 今日は会社のPCからちょっと一休み。
    むくげ・槿・ムグンファ 日本では夏に普通に見られるポピュラーな花です。
    韓国の「国花」であることはよく知っています。 昔に「むくげの花が咲きました」という映画があったように記憶しています。
    我が家の庭にも淡い桃色の花をつける「むくげ」が2本あり今が盛りです。
    新芽が出るとアブラムシ 花をつけると蜜を求めて蟻がたくさん上ってきて駆除に追われますがそれも楽しい。
    近くの公園には「白い大輪」の花が咲いていたり 私の好きな花でもあります。
    春先2~3月には 枯れ枝を今年も咲いてねと愛情を込めて剪定します。
    韓国のむくげの状況は少し哀しいですね。 大事に育ててください。

    • staffE
    • 2010年 8月 10日

    ハマの萱さん こんにちは。
    ご自宅のPCの日本語変換は治りましたか?
    以前、萱さんのブログで「むくげさん」と呼んで愛でていると書かれていませんでしたか?
    急にフッと記憶がよみがえりました。
    そういえば主人が、ムグンファには虫がたくさん付くといってたのも思い出しました。
    ムグンファの姿が消えたのも、それが原因の一つかもしれませんね。
    しかし、それでも国花なんですから、もう少し手をかけてもいいのではないかと私は思ってしまうのです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

20212/4

(更新)KAKAOスタンプ第一弾!→は?

今度こそは! ぜひとも通ってみたいと祈る思いで申請中! 今回は韓国語も完備したし、通らないなら暴れそう…(笑)結果は乞…

20211/28

LINEスタンプ第3弾!

お待たせしました。第3弾! 今回は、日常使いに適したスタンプに仕上げました。 皆さまの感情を代弁してくれるスタンプになれれば嬉…

20209/3

LINE、KAKAOスタンプ申請その後

今回、LINEスタンプとKAKAOスタンプを申請し、LINEは認証、KAKAOは未認証になりました。その後の感想などを書いてみたいと思いま…

20208/9

LINEスタンプ第2弾!& KAKAO

今度は「ドアップ・リアクションスタンプ」! 表情だけで自分の気持を再現できるスタンプを作ってみました。きっと皆さんの気持ちにマッチし…

20207/14

LINEスタンプ制作中〜!

cozとkazuk1の共同制作スタンプ。コンセプトは「前向き」。ポジティブ・前向きがいっぱい♪嬉しい、楽しい、元気を与える幸せスタンプです…

ページ上部へ戻る