※この記事は「たびこふれ」に投稿したものをこちらにも投稿しています。
記事全文は「たびこふれ」で御覧ください。

以前から、気になって気になって仕方がなかったカフェにやっと行ってきました。

そう!「毛糸のケーキ」が話題のカフェです。毛糸って、どうなってるの?と思いませんか?どんな材料でどういう食感なのか非常に気になりますよね?私の想像力では、外側はおそらくチョコではないかと睨んでおりました。でも実際に見た感じは、硬そうではありません。

一見すると、本当に毛糸だまです。なんと見事な再現力!すばらしい~!

どれにするか非常に悩みましたが、可愛い毛糸の帽子のようなケーキにしてみました。ケーキ名を確認すると…。ああ、そうなんだ???と思いつつ、まずは席に行ってみましょう~!

店内はニット工場

この場所は元々、ニット工場だったので、その当時の面影を残したくて、毛糸玉のケーキや店のコンセプトを決めたとのことです。店内には当時の写真やら、機械を飾ってあったり、クッションにも毛糸のイラストや所々に糸が置いてあったり。なんと鏡もニットの形に切り抜いてあると言うこだわりようです。

コンクリートむき出しで素朴なインテリアですが、広々とした空間は、なにか自宅にいるような感覚でくつろげるカフェです。

愛しのオッタッパン(屋上部屋)

さて、店内は2階だけではありません!更に上にも席があります。韓国の一般的な家、ヴィラを改装しただけあって、屋上にも部屋のある作りになっています。

韓国語ではオッタッパン(屋上部屋)というスタイルの住宅形態で、韓流ドラマで見かけたことがある方も多いはず。屋上に部屋があり、玄関前には庭のような空間があるスタイルですね。ドラマでは、そこに大きなテーブルを置いてあって、食事をするシーンなども多く見かけます。本来は屋上に部屋を作る予定がないのに、後で増築したような形態で、今では建築法違反になるので、こういった建物は非常に貴重です。

個人的には、私が探し求めていた家のスタイルでして…。ああ、愛しの愛しのオッタッパン(屋上部屋)、住ませて~!

続きは「たびこふれ」で御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です