※この記事は「たびこふれ」に投稿したものをこちらにも投稿しています。
記事全文は「たびこふれ」で御覧ください。

ソウル明洞(ミョンドン)の今

コロナが蔓延してから、もう2年。ソウルで一番、打撃を受けているのが、ここ明洞です。

観光客を中心に栄えていた街ですから無理もありません。はじめの1年で人通りもなく、閑散とした殺風景な街に変貌しましたが、それでもコロナが収まれば…と耐えていたお店も2年経ち…、ウィズコロナと思いきや…、さすがにもう限界。ゴーストタウンと化しているのが現状です。

コロナ後、2020年と2021年を比較

同じ場所を、同じ角度で撮っていないのが悔やまれますが、2020年と2021年の比較をすると、2020年は人通りが少なく閑散としていますが、まだお店は開店しています。しかし2021年は、かなり閉店が目立ちます。私は時々、明洞に行きますが、行く度に胸が痛くなるほど閉店が続出していました。

<2020年>
<2021年>
<2020年>
<2021年>

…とはいえワクチン効果なのか、週末に人通りが増えているのも確かです。

明洞の飲食店

そんな明洞ですが、なんとか頑張っているのが飲食店です!明洞で仕事をしている地元韓国人もいるので、韓国人の行く店は繁盛しています。有名なお店としては、忠武キンパプ、明洞餃子など。ここは手堅いですね。

そして私のお気に入りカフェcoin。明洞で30年と言う老舗中の老舗カフェです。

>>以前の記事:春、イチゴの季節♪シックなカフェ『cafe coin』でイチゴ三昧~!

レトロな雰囲気でゆったりと落ちつけるお店は、ドラマのロケ地(※)としても有名です。

※ドラマ:「応答せよ1994」、カン・ドンウォン、ソン・ヘギョ主演「ドキドキ私の人生」など。

ここの社長さんは、日本語もお上手で、韓国の国楽なども嗜んでおられるジェントルマンです。この社長さんのファンも多いとか。

とにかくコロナを乗り越えてほしいと願って、大した力にはなりませんが、明洞に行くときは必ず寄るようにしています。

<cafe coin 3階のテラス>

続きは「たびこふれ」で御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。