※この記事は「たびこふれ」に投稿したものをこちらにも投稿しています。
記事全文は「たびこふれ」で御覧ください。

奨忠洞にある太極堂(テグッダン)の創業は1946年。ということは戦後すぐですね。昔懐かしの姿を保つ「モナカアイス」や、昭和を彷彿とさせる佇まいに日本人も懐かしさを隠しきれません。

それもそのはず!元は「みどりや」という日本経営の製菓店が前身だからなんです。

創業者は「こんなに勤勉な韓国人は見たことがない」と言われるほど、必死で技術を学んだそうです。今でもこんなに”懐かしい”のは、当時の雰囲気をそのまま、製法もそのままに、こだわりのパンを作り続けたからに他なりません。それを裏付けるように、勤続50年以上の職人が未だに働いているのだそうです。

76年もこだわり続けたパン屋さんは、今でも変わらずソウル市民に愛されています。

レトロな店内

お店に入ると大きなシャンデリアがお出迎えしてくれます。2015年にリニューアルしたそうですが、レトロな雰囲気を残してくれたようです。お店の雰囲気も、パンの包装もレトロなコンセプトなので、昭和の時代にタイムスリップした気になります。

パンの種類も多いので目移りしますが、人気のメニューには、ちゃんと赤い印がついています。また親切なことにそれぞれのパンの説明もついてますので、スマホの翻訳機で説明を理解して購入できます。

人気メニュー1「モナカアイス」

とにかく代表的なメニューは「モナカアイス」。パッケージもレトロですが、モナカも”今どき”なモナカを想像してはいけません!ふわふわで、口の裏に張り付くようなモナカではなく、”圧縮された”という表現がぴったりなモナカです。クッキーに近いと言えばわかりやすいかもしれません。。。すみません表現力の限界です。。。

続きは「たびこふれ」で御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。